2018年度版 JWマリオット・フーコック滞在記 お部屋のアップグレード、プラチナパワー炸裂!?

JWマリオット・フーコックアップグレードについて

今回の宿泊では、マリオットトラベルパッケージを利用して宿泊予約をしました。

その場合、予約されるお部屋は以下のエメラルドベイビューとなります。

 

そこから上級会員の場合は空室次第でお部屋のアップグレードされる場合があります。

今回は私たちはマリオットプラチナでしたので、以下のアップグレードとなりました。

 

1~4泊:エメラルドベイフロント(1階のお部屋で、部屋から直接ビーチへのアクセスが可能)

4~6泊:ターゴイズスイート(90平米のお部屋。テレビやトイレは2つリビングとベットルームが別のお部屋で広々)

※トラベルパッケージでは7連泊の宿泊が可能ですが、スケジュールの都合で1泊分を放棄しました。

 

JWマリオット・フーコック宿泊費 一覧

※トラベルパッケージには朝食は付与されていないので、正確ではありませんが参考までに

 

2018/11/1(木) ー 2(金) 1泊1室2名

・エメラルドベイビュー:8,099,700VND(日本円で約40,498円)

 

・エメラルドベイフロント:11,083,800VND(日本円で約55,419円)

 

・ターゴイズスイート:27,283,200VND(日本円で約136,416円)

 

トラベルパッケージでの予約なので料金はかかりませんでしたが、エメラルドベイフロントに4泊と

ターゴイズスイートに2泊すると約50万円。。。

トラベルパッケージの力は偉大です。

 

JWマリオット・フーコック エメラルドベイフロントルーム

エメラルドベイフロント ベッドルーム

360度見れるのでマウスで好きな方向に向けてみて下さい♪

 

ベットルームから見れるテレビでは日本のBSNHKも放送されていました。

ちょうど私たちが滞在していたのは2018年7月でしたので、

人気の朝ドラ「半分、青い。」(2018年4月2日 – 9月29日)もしっかり放送されていました。

滞在時に見た「ためしてガッテン!」

 

ベットルームのドアからビーチへ直接アクセスが可能。

 

外のソファゾーンは鏡があって実際より広く見える視覚効果も

外には灰皿&マッチもあるのでスモーカーの方はお外で。

このマッチが地味にカワイイ♡火薬の部分がピンクそしてマッチが入っている部分はプラスチックです!

 

エメラルドベイフロント バスルーム

 

洗面台はこのような形でした。洗面台の下には体重計。

非常に広い造りとなっています。またタオルアートも作ってくれていました。

タオル自体もたくさん用意してくれています。

 

お風呂は広々としています。

お風呂には大きな窓がついており、入浴中はこちらのカーテンを下げてから入浴しましょう。

 

シャワーは天井固定式のタイプと、ハンドシャワーの2つがついていました。

こちらの写真ではハンドシャワーしか写っていませんでした。。興味ある方は360°画像の方からご覧ください。

アメニティ

アメニティは香りに定評のある英国のアロマセラピーアソシエイツ。

シャンプー・ボディーソープはローズマリー、ボディーソープはラベンダーの香りです。

(ちなみにこの後ハノイに移動して宿泊した、JWマリオットハノイのアメニティも同様でした)

 

入浴剤はラベンダー&イランイランの香り♡

浴槽がとても大きいので2個位ガッと入れてちょうど良いです♪

 

歯ブラシ、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、くし、VANITY KITもすべてAROMATHERAPY ASSOCIATESのケースに入ってます。

 

トイレ

トイレは標準的な感じでした。ウォシュレットはついていません。

利用はしませんでしたが、海外によくある自分でおしりを洗浄できるシャワーが備えつけられていました。

 

あとは、手洗い場もあります。

下のかごは手をふいたタオルを入れる用。

 

クローゼット

写真撮り忘れていました。。基本的には変わりは無かったのでスイート編の方でご紹介します。

エメラルドベイフロント ドリンク各種

ペットボトルのお水はたくさん用意されています。またベットメイキングのタイミングでたくさん補充してもらえます。

その他、ジムやビーチサイドでもお水はいくらでももらうことができます。

ホテルの蛇口からのお水はお腹壊したりしても困りますので、飲まないようにしましょう。

このようにベットサイドにお菓子と一緒に補充してくれていました。

写真は撮り忘れてしまいましたが、コーヒーメーカーや洗面所にも補充してくれます。

コーヒー・紅茶

ネスカフェが置いてあります。

 

カプセルは4つおいてありました。ベットメイキングのタイミングで補充されます。

その日によって、補充されるカプセルの種類は違いました。いろいろ楽しめて良いですね。

コーヒー以外には紅茶のティーバッグがあり、こちらも種類は日によってDilmahだったりTWGだったりしました。

 

引き出しの中にはコーヒーカップ&急須

その他グラスやコルク抜きも用意されています。

 

ウェルカムフルーツ

フルーツは補充されたり、されなかったりとまちまちでした。

種類はドラゴンフルーツ、モンキーバナナ、ライム等でした。

 

冷蔵庫

有料ドリンクが最初からセットされています。

引っこ抜いても課金されないので、空いてるところによせて買ってきたビールなどを入れていました。

 

次回は、ターゴイズスイートのお部屋をご紹介していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。

ベトナム旅行・マリオット関連記事

JWマリオット・フーコック・エメラルド・ベイについて
JWマリオット・フーコック・エメラルド・ベイ ベトナム(フーコック島)への旅

ハノイ ノイバイ空港 乗り継ぎ後国内線第一ターミナル「Lotus Lounge」
ハノイ ノイバイ空港 乗り継ぎ後国内線第一ターミナル「Lotus Lounge」

ベトナム航空(A350-900)ビジネスクラス搭乗記 美味機内食&フルフラットの旅♪
ベトナム航空(A350-900)ビジネスクラス搭乗記 美味機内食&フルフラットの旅♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です