横浜ベイシェラトンホテル宿泊記 クラブラウンジや朝食をレポート!

「横浜ベイシェラトン」に宿泊してきました。

今回はクラブラウンジのティータイムやカクテルタイム、朝食についてご紹介します。

 

横浜ベイシェラトンの宿泊記はこちら!
横浜ベイシェラトンホテル宿泊記 スイートルーム客室レポート! 

宿泊料金をチェック!

公式サイトの予約が一番お得!!

公式|横浜ベイシェラトン

クラブラウンジについて

シェラトンクラブラウンジの利用資格、営業時間についてご紹介します。

 

クラブラウンジのアクセス対象者は?

・Marriott Bonvoy アンバサダーエリート、チタンエリート、プラチナエリート会員

・クラブフロアの宿泊者

 

こちらのラウンジは未成年の方が利用する際、大人の同伴が必要とのことです。

該当する際はご注意ください。

 

ラウンジの営業時間と各イベントのタイムテーブルについてはこちらです。

営業時間:7:00AM ~ 10:00PM

朝食7:00AM ~ 10:00AM
オールデイスナック10:00AM ~ 10:00PM
イブニングオードブル/カクテルアワー5:00PM ~ 8:00PM

朝食はクラブラウンジ、もしくは2Fにあるレストラン「コンパス」のどちらかが利用可能でした。

クラブラウンジ朝食を利用する場合、前日の19:30までにフロントまで予約が必要です。

その際、洋食/和食のどちらにするか選択が必要とのことでした。

 

また、私達が利用した時のイブニングオードブル/カクテルアワーですが、予約制で75分間の時間制限が設けられていました。

オードブルはビュッフェではなく、ワンプレートでの提供となっていました。

 

公式サイトはこちら。

 

横浜ベイシェラトンのラウンジ紹介とティータイムについて

それでは、シェラトンクラブラウンジとティータイムの紹介です。

ラウンジは26階に位置し、地上100メートルの眺望と231㎡の広さを誇っており、ゆったりと過ごすことができます。

 

奥側に軽食やドリンクが用意されています。

 

クラブラウンジの座席数は十分に用意されている印象で、窓際のカウンターやテーブル席、ソファー席と種類も豊富でした。

 

こちらはソファー席です。照明が印象的でした。

 

ソファー席を違う角度から。左側には窓際のカウンター席です。

 

カウンター席のテーブルにはこちらのキノコ型の照明が置いてありました。

 

こちらは軽食コーナーからの様子です。手前の冷蔵庫にはカクテルアワーのお酒が用意されていました。

ティータイムの時間帯は鍵がロックされています。

 

窓際にもテーブル席が用意されていました。

 

クラブラウンジの調度品たちです。

 

昼間のクラブラウンジからの景色です。

LUMINEやSOGOのビルが見えました。

 

ティータイムの時間帯はラウンジ内は利用者少なめな印象でした。

 

続いてはラウンジ内のソフトドリンクや軽食のご紹介です。

こちらに缶のお茶やジュース類とコーヒーマシーンが用意されていました。

 

紅茶はディルマ「Dilmah」の物でした。種類も豊富で茶葉の種類のコメントも準備されています。

 

こちらが軽食となつかしいラムネドリンクがありました。

軽食を頂く際は手袋が用意されているので、そちらを利用するようにしましょう。

 

ラムネドリンクとフィナンシェのアップです。

 

最近はあまり見かけなくなったラムネドリンクです。

 

フィナンシェは2種類の用意でした。クラブラウンジ以外への持ち出しはご遠慮ください。

 

ロータスのクッキーやハリボーのグミ、キスチョコなどお菓子類も十分な印象です。

 

フィナンシェは人気なのか、時間帯によっては補充が間に合っていませんでした。

 

主人と二人で1種類ずつをシェアしてみました。

 

横浜ベイシェラトンのカクテルタイムについて

次はカクテルタイムのご紹介です。

ティータイムの時間帯と異なり、カクテルタイムではかなり混雑しており入れない方が続出していました。

その場合はスタッフの方が席が用意され次第、お部屋に連絡するような運用となっていました。

 

こちらのコーナーにアルコール類が準備されました。

 

ビールやワインなどが用意されていました。

 

カンパリやウイスキー、ラムなど。

 

白ワインやスパークリングワインはこちらで冷やしてあります。

 

そしてこちらのラウンジには生ビールのサーバーがありました!

 

そして冷蔵庫にはビールとグラスが冷やしてありました。

一番搾りにハイネケン、ギネスビールです。

 

ラウンジからの景色に乾杯!

 

続いてはフードのご紹介です。

こちらのワンプレートでの提供となりました。

サラダにスープやパンなど十分なボリューム感でした。

 

少し角度を変えて。

 

スープとパンです。

 

サラダやハム、ムール貝など。

 

夜になるとラウンジから見えた横浜の夜景が綺麗でした。

カウンター席のキノコの照明も印象的です。

 

横浜の夜景です。

 

昼間と同じく、SOGOなどが見える角度です。

 

レストラン「コンパス」の朝食について

 

今回はクラブラウンジではなく2Fにある「コンパス」で朝食を頂きました。

朝食もビュッフェではなくセットでの提供となっています。

以下の8種類から選ぶことができます。(モーニングステーキのみ差額が発生します。)

 

席に案内されると改めてメニューが渡されます。

 

普段であればこちらでビュッフェが提供されていると思いますが、残念ながら利用できずでした。

 

 

ドリンク類はセルフとなっていました。

 

横浜ベイシェラトンのロゴ入りマグカップです。

 

それでは実際に頂いた朝食のご紹介です。

こちらは和定食です。ご飯はお櫃に入れられての提供でした。

 

かなり沢山入ってました。

 

こちらはアメリカンブレックファストです。

 

こちらはパンプディングです。

 

いかがだったでしょうか。

横浜ベイシェラトンのクラブラウンジや朝食についてご紹介しました。

参考になれば幸いです。

 

宿泊料金をチェック!

公式サイトの予約が一番お得!!

公式|横浜ベイシェラトン

【最新版】Marriott マリオットお得な新規入会方法徹底解説!紹介 or キャンペーン が絶対お得!!

SPGアメックス入会でマリオットヴォンボイの「ゴールドエリート」資格を取得でさらに特典アップ!

正式名称スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
本人年会費31,000円
(+消費税)
家族カード年会費15,500円
(+消費税/1人当り)

「SPGアメックス」の発行は紹介経由がとってもお得です。

よかったら下記フォームからお問い合わせください。

 

<マリオットゴールドエリート会員特典について>
・ご滞在ごとに25%のボーナスポイント

・より望ましい客室へのアップグレード(空室状態により、ご希望に添えない場合あり)

・午後2時までのレイトチェックアウト(空室状態により、ご希望に添えない場合あり)

・ウェルカムギフトとしてポイントを進呈(ホテルブランドにより、200 or 500ポイント)

・無料の客室内高速インターネットアクセス

・エリート専用予約ライン

・会員限定料金

・完全予約保障

・モバイルチェックイン/キーレスの利用

 

「SPGアメックス」の詳しい情報はこちらをご覧ください。

SPGアメックス紹介キャンペーンで入会がお得!!マリオット会員紹介併用で49,000ポイントをGET!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です