ANAインターコンチネンタル東京宿泊記 プレミアキングルームの客室をレポート!

「ANAインターコンチネンタル東京」にIHGポイントを利用して宿泊してきました。

ポイント宿泊でも、クラブラウンジは追加料金を支払えば利用出来ました♪

今回は滞在したプレミアツインのお部屋や共用施設についてご紹介していきます。
 
ANAインターコンチネンタル東京 クラブラウンジ・朝食編についてはこちら!
ANAインターコンチネンタル東京宿泊記 クラブラウンジや朝食をレポート!  

ANAインターコンチネンタル東京(ANA INTERCONTINENTAL TOKYO)について

元々は1986年6月より東京全日空ホテルとして開業し、

2007年4月にANAインターコンチネンタル東京に改称されました。

そのため、客室内は若干古さを感じる部分もありましたが、

スタッフの方のホスピタリティは素晴らしく気持ちよく過ごすことが出来ました!!

 

ホテル名ANAインターコンチネンタル東京
英語名ANA INTERCONTINENTAL TOKYO
住所東京都港区赤坂1-12-33
TEL03-3505-1111
チェックIN/OUTチェックイン: 3:00 PM
チェックアウト: 11:00 AM
駐車場500台収容可能な駐車場
1泊1台¥3,900
※チェックアウト日の15:00まで有効

 

客室数は844室となっており、宿泊フロアによって以下のとおりわかれています。

7階 – 21階クラシックカテゴリ
22階 – 27階エグゼクティブデラックスカテゴリ
28階 – 31階プレミアカテゴリ
32階 – 35階クラブインターコンチネンタルカテゴリ

 

アクセスについて

ANAインターコンチネンタル東京へは電車やバスはもちろん、駐車場もあるので車での移動も可能です。

それぞれのアクセスついてはこちらです。

🚃電車アクセス🚃

地下鉄銀座線「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分
「溜池山王駅」14番出口(エレベーター・エスカレーター有り)より徒歩3分
※13番・14番出口ともに銀座線改札口より約5分
地下鉄南北線「溜池山王駅」13番出口より徒歩1分(南北線改札口より約7分)
「六本木一丁目駅」3番出口より徒歩2分(南北線改札口より約5分)
地下鉄丸の内線「国会議事堂前駅」より「溜池山王駅」出口をご利用ください
(国会議事堂前駅より約13分)
地下鉄千代田線「国会議事堂前駅」より「溜池山王駅」出口をご利用ください
「赤坂駅」5番出口より徒歩10分
地下鉄日比谷線「神谷町駅」 4番B出口より徒歩10分

 

🚌バスアクセス🚌

都バス01系統(渋谷~新橋)「赤坂アークヒルズ前」下車、徒歩約1分
(JR新橋駅よりバス10分)

 

ANAインターコンチネンタル東京の宿泊料金、クラブラウンジアクセスについて

ポイント宿泊でクラブラウンジを利用するには、チェックインの際に申し出て追加料金を支払えば可能です。

今回の宿泊はポイント宿泊(40,000ポイント利用)。

クラブラウンジアクセス料金は13,000円(税、サ込/アンバサダーエリート価格)。
通常価格は16,000円でしたがアンバサダーエリート割引で13,000円となりました。

MEMO
クラブラウンジのアクセス料金は、日によって違います。
事前に電話聞くとその日の料金も教えてもらえます。

 

エントランス

ANAインターコンチネンタル東京のエントランスはこちら。

溜池山王から行くとこの入口になります。

 

エントランスを進むとロビーフロアとなり、チェックインを行います。

チェックインはこちら。

 

ANAインターコンチネンタル東京の客室(プレミアツイン)ご紹介

それでは実際に宿泊した客室についてご紹介していきます。

ベッド

キングベッドは二人で使うには十分広く快適でした。

 

ベッドサイドにはソファと小さなテーブルです。

何か作業するには少し小さめでした。

 

ベッド正面にはデスク、テレビ、ミニバーとなっています。

PC作業などはこちらのデスクを使うと良さそうです。

 

テレビ下の引き出しはセーフティボックスとパジャマ。

 

クローゼット

ハンガー、傘にアイロンとアイロン台も完備されています。

クローゼット横にはスーツケースを置くスペースも用意されています。

 

洗面、バスルーム、トイレ

ANAインターコンチネンタル東京のプレミアツインのお部屋にはバスタブがありました。

クラブフロア以上の客室の場合、シャワーのみとなっていますのでご注意ください。

ただし、クラブフロアでもジュニアスイート以上はバスタブが付くようです!

バスタブとシャワーが独立しておらず、その点は少し残念でした。

 

洗面台はこちらです。

洗面台の左手にはテレビがあり、お風呂につかりながら見ることができます。

 

アメニティはAGRARIA(アグラリア)で、

シャンプー、コンディショナーにシャワージェル、ボディミルク、ハンドソープと一通り用意されています。

歯ブラシや髭剃りなども一緒に用意されています。

 

「WITH COMPLIMENTS」の中はこのように、

コットンやシャワーキャップなどが入っています。

 

トイレはウォシュレットも完備。

 

ミニバー

常温のミネラルウォーターが2本、急須にネスプレッソのマシンとカプセルが2種類×2つでした。

 

引き出しを開けるとミニボトルのお酒、お菓子など。

インスタントコーヒーとティーバッグの紅茶などもあります。

 

冷蔵庫

 

横にはケトルも入ってました。

 

ANAインターコンチネンタル東京のアンバサダー特典

私たちはIHGのアンバサダーエリートでしたので、以下の特典を受けることができました。

客室の1ランクアップグレード
午後4時までのレイトチェックアウト
1滞在につき、最大2,000円のレストラン・ミニバークレジット(ルームサービスでも利用可能とのことでした。)
ウエルカムアメニティ:IHGポイントを600分の付与、もしくはウェルカムドリンク券

 

IHGグループのアンバサダー会員には200$を支払うことで誰でもなることが出来ます。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

アップグレードやレイトチェックアウトが確約されるのでおすすめです♪

 

ANAインターコンチネンタル東京のフィットネスルーム

 

ちょうど私達が訪れた際は利用者がいませんでした。

利用は宿泊者のみとなっており、各種レンタルも可能です。

 

こちらはウォーキングマシンや筋トレマシンなど、一通りは揃っている印象です。

 

タオルやお水はこちらのカウンターに置いてあります。

お水はペットボトルではなく、ウォーターサーバータイプでした。

 

ロッカールームです。キーの操作方法も壁に記載してありました。

 

洗面コーナーです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は「ANAインターコンチネンタル東京」のホテルのロビーや客室、フィットネスルームなどの施設をご紹介させていただきました。

次回はクラブラウンジでのアフタヌーンティー、「アトリウムラウンジ」でのカクテルタイム、朝食、2日目のアフタヌーンティーの様子をお届けします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です