アロフト東京銀座宿泊記 サヴィーツインの客室や共用施設、朝食をレポート!

2020年10月にオープンした「アロフト東京銀座」に夫婦で宿泊してきました。

 

日本では「アロフト」ブランドのホテルはこの「アロフト東京銀座」が初となります。

今回はサヴィーツインのお部屋を予約し滞在してきましたので、お部屋や共用施設、朝食についてご紹介していきます。

 
BIGLOBE モバイル
 

アロフト東京銀座(aloft tokyo ginza)について

地下鉄の銀座、東銀座駅からも徒歩圏内になるアロフト東京銀座ですが、

隣には同じくマリオットのグループに属する「ACホテル東京銀座」、さらにその隣には「コートヤード・マリオット銀座東武ホテル」があり、

3軒並んでマリオットのホテルがある立地となっています。

ホテル名アロフト東京銀座
英語名aloft tokyo ginza
住所東京都中央区銀座6-14-3
TEL03-6278-8122
カテゴリーカテゴリー 5
▼無料宿泊の必要ポイント
通常:35,000
ピーク:40,000
オフピーク:30,000
チェック
I/O
チェックイン: 3:00 PM
チェックアウト: 12:00 PM
駐車場なし

 

アクセスについて

アロフト東京銀座へのアクセスは地下鉄が便利です。

すぐそばに銀座SIXがありました。

🚃電車アクセス🚃

東銀座駅より徒歩2分
又は
銀座駅より徒歩4分

 

アロフト東京銀座の駐車場について

アロフト銀座には提携駐車場はありません。

近くにある駐車場は2つ。

家族連れでいらっしゃる方はこちらをご参考にして下さい

GINZA KABUKIZAパーキング東銀座駐車場
300円/30分(8:00〜22:00)
100円/60分(22:00〜8:00)
250円/30分
24時間:普通車/1,700円
平面駐車場/2,400円
12時間最大 2,400円
※以後、12時間毎最大2,400円
アロフト銀座まで徒歩5分アロフト銀座まで徒歩3分

 

エントランス

アロフト東京銀座のエントランスはこちら。

開業間もないことから胡蝶蘭が飾られていました。

お昼と夜で雰囲気もガラッと変わりました。

エントランス正面にはローソンがあるので

ちょっと買い物したい時にも便利(๑•̀ •́)و✧

 

ロビー

エントランスを進みとロビーフロアとなり、こちらでチェックインを行います。

アロフト東京銀座にはラウンジは無いため、どのメンバーもこちらでのチェックインとなります。

チェックイン時間になるとGOTOトラベルの影響もあり混雑してました。

時間に余裕を持って手続きされることをおすすめします。

帰りのチェックアウトも行列だったので、モバイルチェックアウトで完了させました。

 

バー「W XYZ Bar」

アロフト東京銀座のバー「W XYZ Bar」です。ロビーと同じく1階フロアに位置します。

バーカウンターと正面には大きなソファー席。

 

バーカウンター奥にはお酒がたくさんディスプレイされていて眺めてるだけでも楽しかったです♪

 

奥にはビリヤード台もあり、自由に利用してよいとのことでした。

 

客室(サヴィーツイン)ご紹介

それではサヴィーツインの客室のご紹介です。

ベッド

そこまで大きなベッドではありませんでしたが、十分ゆっくりできました。

 

正面からのアングルです。

 

正面にはテレビとブラインドを開けると外の景色を眺めることができました。

 

実際にブラインドを開けて見ました。

残念ながら銀座のビルビューでした!

 

またベッドサイドにはテーブルとソファがあります。

テーブル自体はそこまで大きくありませんでしたが、ノートパソコンなどで作業自体は可能でした。

 

クローゼット

シンプルなクローゼットです。

ハンガーと見づらいですが、レールにぶら下がっている黒いボトルは消臭スプレーでした。

 

下段には靴ベラ、スリッパにアイロンです。

 

洗面、バスルーム

水回りはこのようにまとまった配置となっていました。

左がトイレ、奥にシャワーブースがあり、右手には洗面台です。

 

シャワールームはこちら。

アロフト東京銀座のサヴィーツインのお部屋にはバスタブはなく、シャワーのみ(天井からの固定タイプと手持ちの2タイプ)となっていました。

 

洗面台はこちらです。

アメニティは鏡の右手の黒い袋にまとまっていました。

また、除菌シートも置いてあります。(手前のブルーのシート)

 

ミニバー

ミニバーは必要最低限といったかんじでした。

お水2本、コーヒーと紅茶です。

赤いポットが電気ケトルで、冷蔵庫の中身は空っぽになっていました。

 

ルーフトップバー「ROOF DOGS」

ホテルの最上階にはルーフトップバー「ROOF DOGS」となっています。

キッチンカーがあり、そちらでフードやドリンクを注文することができます。

 

エレベータで屋上に向かった後、通路を進んでいきます。

少し進むと大きなフクロウがお出迎えです。その先は銀座の夜景です!

 

こちらがキッチンカーです。

ちょうど私達が訪れた時はお客さんがたくさんいらっしゃいました。

またキッチンカーの側には二人掛けの席が用意されていました。

 

このようなソファー席も用意されていました。

グループなどでの利用にはこちらが良さそうです。

 

朝食「THE WAREHOUSE」

アロフト東京銀座の朝食はホテルの2階の「THE WAREHOUSE」のレストランでいただきます。

メインが洋食、和食からの選択式となっており、その他はビュッフェスタイルでした。

 

まずはビュッフェのご紹介です。

パン、デニュッシュやクロワッサンと隣にはトースター、手前にはジャムが用意されています。

 

右手側にはドーナツ、左にサラダ用のドレッシングとお水、グローブが用意されています。

ドーナツの反対側にはシリアル各種、右手にはドライフルーツやキヌアがありました。

 

こちらはサラダやフルーツ、ソフトドリンクコーナーです。

普段あまり見かけないソフトドリンクが多数置いてありました。

 

こちらが実際にいただいたものです。

まずは洋食から。オムレツにソーセージとベーコン、付け合わせのポテトに温野菜です。

 

こちらは和食です。

おにぎり、漬物にお味噌汁でした。

 

アロフト東京銀座(aloft tokyo ginza)のエリート特典について

最後にアロフト東京銀座のマリオット会員のエリート特典についてご紹介しておきます。

〇ゴールドエリート

・レイトチェックアウト(2:00PM)

・マリオットボンヴォイポイント付与(250ポイント)

 

〇プラチナエリート

・レイトチェックアウト(4:00PM)

下記の3つの中から選択。

・マリオットボンヴォイポイント付与(500ポイント)
・朝食券
・Food & Beverageアメニティー

私達は今回朝食券を利用しました!

 

いかがだったでしょうか。アロフト東京銀座のサヴィーツインの客室や共用施設、朝食についてご紹介しました。

銀座に位置するこのホテルでは、ビジネスはもちろんショッピングなどでもアクセスが良い立地でおすすめのホテルとなっています。

 

アロフト東京銀座に泊まるならマリオットグループのゴールドエリートになってみませんか?

更新時にはマリオットホテルで使える1泊無料クーポンももらえるお得なカード♪

SPGアメックス紹介キャンペーンで入会がお得!!マリオット会員紹介併用で49,000ポイントをGET!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です