台湾旅行 台湾MRTはお得なEasyCardとNAVITIME台湾を活用しよう

f:id:umoi1019:20170802232231j:plain

松山空港駅

台北の駅はホームドアが完備しており進んでいる!と思いました。

 

松山空港で台湾ドルの両替と中華電信SIMカードを無事GETしたので、空港をあとにして台北101へ。

こちらの記事もどうぞ

台湾旅行編 おすすめのお得な両替場所は?? 台湾に行ってきました!SIMフリーiphone6s活用編

松山空港の地下鉄乗り場でEasy Card購入!

台北101へは台北捷運(MRT)という地下鉄・文湖線で向かいました。

まずは松山空港のMRT乗り場を目指します。

f:id:umoi1019:20170802232240j:plain

地下鉄活用するなら運賃2割引の悠遊カード(Easy Card)

f:id:umoi1019:20170802233836j:plain

切符は都度購入も可能ですが、たくさん乗るなら悠遊カード(Easy Card)がお得な上に便利でオススメです。

なぜなら利用すると、地下鉄の料金が2割安くなるのです。

チャージは券売機にかざしてお金を入れると簡単に可能。

日本のSuicaと同じであらかじめチャージすれば、改札はカードをタッチするだけでOKです。

こんな感じ。

f:id:umoi1019:20170802232235j:plain

Easy Cardの購入方法

購入方法は以下の2つ!

1.券売機で購入

2.窓口で購入

他の方のブログを見たら松山空港駅でも券売機で購入が可能だったようですが、私達は券売機ではうまく買えず窓口で購入しました。

私たちの前にも同じようにEasy Cardを求めて、窓口にすでに5組くらい並んでいる方々がいました。

Easy Cardの購入手数料(デポジット)

2017.6時点1TWD(NT$)≒3.79円

購入時に100TWDの手数料(デポジット)

この100TWDは返金不可(カード代と思いましょう)

SUICAと違いこちらの手数料は返金されません

チャージ分が余った場合は20TWD(元)の手数料を払い返金

ちょっと面倒かもしれませんが、チャージは細かく使い切れそうな金額にするといいでしょう。

窓口に貼ってあった張り紙↓

f:id:umoi1019:20170802232238j:plain

もし地下鉄の利用回数があまり多くないようでしたら、Easy Cardを使わずに都度購入が良いでしょう。

コンビニ等でも利用可能なので、余ってしまったら帰国時に使い切ってしまうのがオススメ。

私達は余った分は松山空港のセブンイレブンでチョコを購入しました!

これ↓

2個入り中身は個包装されてます。

中にはナッツ風味のクリームが入ってます。

f:id:umoi1019:20170911100233j:plain

 

オススメの台湾地下鉄アプリ

 

台湾路線図も見れて、路線図から乗り換え案内も検索出来てとても便利でした!

海外路線図/乗換案内 - NAVITIME Transit

海外路線図/乗換案内 – NAVITIME Transit

NT TRAVEL Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

アプリの使い方<android版>

路線図から駅を選べるので駅名がはっきり分からなくても大丈夫!

f:id:umoi1019:20170803223919j:plain

うっすらピンクで矢印をしているのがその駅にある観光名所です。

拡大するとこう

f:id:umoi1019:20170803224521j:plain

MRTだけでなくバス路線も使えます。

f:id:umoi1019:20170803224619j:plain

アプリダウンロードの前にこちらのネット版でも調べられます。

参考 台北・高雄MRT 台湾乗換案内 - NAVITIME Transit台北・高雄MRT 台湾乗換案内 - NAVITIME Transit
WEB版 台湾NAVITIME

試しにこちらのネット版でこの後行く予定の台北101への検索をしてみます。

松山機場(BR13)(ソンシャンジーチャン)

台北101/世貿(R03)(タオベイイーバレイー/シーマオ)

駅名が全てわからなくても検索候補が出てくるので安心です。

f:id:umoi1019:20170803221055j:plain

検索するとこちらの結果が出ます。

f:id:umoi1019:20170803221047j:plain

路線図で見るとこの流れ

f:id:umoi1019:20170803221043j:plain

路線図はこちらから。

参考 出発前の計画 > 台湾地図 > 交通部観光局出発前の計画 > 台湾地図 > 交通部観光局

アプリだとこちらの路線図と検索が同時に見れるのでより使いやすいです。

アプリもネットも使いやすい「NAVITIME台湾」オススメです。

 

<<次回の記事はこちら>>
台湾旅行 鼎泰豊で念願の小籠包!

<<前回の記事はこちら>>
ANAビジネスで行く台湾 羽田空港-台湾松山空港線ANAビジネスクラス搭乗記

 

読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です