ロサンゼルス ユニオンステーションからAmtrak(寝台列車)でのチェックイン&荷物預け入れ Amtrakラウンジ&車内について

Amtrak

アムトラックについて

前回の記事でアムトラックの予約までの流れを記載しました。 

今回は乗った感想やその他もろもろについて。

 

チケット引き換え&荷物預け入れ

前回予約時にEチケットで予約するお話をしましたが、私たちの場合はスーツケースを預ける必要があったため事前にEチケットを印刷しユニオンステーションのアムトラックカウンターにて提示し乗車券と引き換えを行いました。

 

左がアムトラックカウンター。

f:id:umoi1019:20170425230254j:plain

 

預け入れが無い場合は機械で印刷することが可能なようですが使わなかったのでイマイチ詳細がわかりません。

こちらに詳しく書いてありましたので引用させていただきます。

 

ロサンゼルス発・最新観光ニュース – エレファントツアースタッフ発信の新着イベントや街角ニュースなど – テッドさんの「鉄道でエンゼルスを観に行こう」(エレファントツアー/直美)

 

 ウェブサイトでのチケット予約方法 | Amtrak Towns

 

また私たちが今回予約したSouthwest Chiefという「Chicago – Albuquerque – Los Angeles」間の列車はロス発は1日1本、18:10分発1択のみです。(2017.4現在)

Southwest Chiefの詳細です。

 

Frequency(頻度):Daily(毎日)とありますので毎日1本出ております。

 

Amtrakチェックインについて

以前こちらの記事にも記載しましたがAmtrakまとめ記事として再度ラウンジの様子についてお伝えします。

 

私たちはAmtrakの寝台列車に乗るので自動的にAmtrakのラウンジが利用が可能になります。

カウンターでチェックインをしてスーツケースを預けます。

ここは飛行機と一緒です。

 

Amtrakラウンジについて

アムトラックラウンジ内はコンシェルジュもちゃんといます。

一回入って周りを観光するために外出して戻ってきてもいいか確認するとOKだったので一旦休憩するために伺ってみました。

中は軽食や飲み物が自由にもらえます。 

f:id:umoi1019:20170425231507p:plain

 

コーヒー・紅茶・小袋Laysポテトチップス・手のひらよりも大きいクッキー・ジュース各種などがあります。 

ここでコーヒーを1杯飲んで、ダウンタウンへ出向きます。

詳細はこちらの記事をどうぞ!!

ロサンゼルス編⑤ダウンタウンへGo!

ロサンゼルス編⑥ダウンタウンArts District 

ロサンゼルス編⑦ダウンタウン The Pie Hole 

ロサンゼルス編⑧ダウンタウン グランドセントラルマーケット&Skid Rowにはご注意を

ロサンゼルス編⑨ダウンタウン Lyftでユニオンステーション&Amtrakへ!

 

Amtrak(寝台列車)Superliner Roomette利用時のサービスについて

 

<駅>

ユニオンステーションラウンジ利用(無料)

<電車内>

◆毎食のご飯 

◆共用のトイレ・シャワールームあり。

(タオルも山盛り自由に使えます)

◆石鹸・シャンプーあり。

(女性は持参のものをお勧めします。髪とかキシキシになるやつです。)

◆Wifi利用

◆ボトルのお水

◆コーヒー(あまりおいしくない)

◆コンシェルジュによりベッドセット(の手伝い)

です。

 

良かったのは待合室のラウンジ利用、Wifi、

 

シャワールーム&横になって寝れるところです。

 

今回は寝台列車にそもそも乗りたかったというのと、フラッグスタッフからはレンタカーの旅になる為きちんと横になって寝れることを重視しました。

 

低いクラスであればもう少し安くは乗れますが、やはりちゃんと休みたい。

 

ロサンゼルス ユニオンステーションをAmtrakで出発!!

ユニオンステーションに停車時に電車内から見える景色

ユニオンステーション Amtrak

ユニオンステーション Amtrak

 

まず乗車するとコンシェルジュがあいさつしに来て夕飯の時間を聞きにきます。

希望の時間は早い者勝ちですのでコンシェルジュが回ってくれる順番にかかっています。

時間になったら18時の番だよ的なアナウンスするので食堂車の前にきてねといわれます。

これが終わってすぐにシャワーを浴びに行きます。

待ってタイミングを見計らうのは面倒なのでさっさと一番乗りすることをおすすめします。 

 

Amtrakシャワー感想

シャワーはやや圧が弱いものの充分洗えてさっぱりできました!

 

びっくりしたのはシャワールームを出たときに、やたら息の荒いおじさんがオゥオゥ言っていてすごく怖かったです。

「どこ見てんのよ!?」(古くて分からない方は青木さやかを検索しよう!)とやりそうになったところ

バターン!!

前に倒れました。

え?!

予想外です。

具合が悪かったようでどこを見てる余裕もなかったようです笑

すると横の部屋から人が出てきたので

「誰か呼んできます」と声をかけたら大丈夫。とのこと。

何がどう大丈夫なのかもわからないけど、たぶん知り合いのようなのでおまかせすることに。

風呂上りに心臓がドキドキした出来事でした。

 

 

Amtrak 車内食事

時間になりアナウンスがあったので食堂車入口にいくと席に案内されます。

ご飯は前菜・メイン・デザートが選べて4人席で座ります。

なので2人で来ていた場合は、相席になり会話をすることになります。

 

私たちは今回小さい男の子と母親との相席でしたが、アメリカ人にはめずらしく心を閉じているタイプでした。

 

息子が父親らしき人の話をしようとすると彼の話はしないで!とやや訳ありのようだったので私たちは静かに食べました(笑)

 

と、問題はそこじゃないんです。

 

ご飯が本当においしくない~~~笑

 

寝台列車のご飯結構楽しみにしていたのでこれは残念でした><。悲しー!!

 

私はお肉・主人は魚にしましたが二つともこれは。。。もういらないね。。と途中でやめてしまいました。

デザートも頼めたのですがあまりお腹もすいていなかったのと期待できなかったのとで食べずに部屋に戻りました。

 

Amtrak ベッドメイキング

私達ルーメットクラスはベッドメイキングはほぼ自分でやります。

コンシェルジュは分からなかったら聞いてね、手伝うからというスタンスでした。

もう一個上のクラスだとコンシェルジュが全部やってくれます。

 

まわりのお客さんたちと一緒にいそいそベッドメイキングをしてできないところはコンシェルジュにやってもらいました。

f:id:umoi1019:20170503142435p:plain

二段ベッドの2段目。

 

転げ落ちないようにシートベルトのようなものをします。

 

この部屋はベッドにするともう横になるしか場所がないのでセットしたら横になって明日のルートの予習をするか寝るかになります。

 

到着予定は朝の4時台です。

f:id:umoi1019:20170503010641j:plain

 

乗ってる時間は意外と長いですが寝ましょう!

4時くらいになったら起こしに来るよとコンシェルジュが言ってくれます。

 

寝過ごす事にはならないのでご安心を。

 

なお今回私たちは4時台に降りてしまうためご飯は夕飯しか食べませんでしたが、もっと距離を乗っていればその分ごはんも出ます。

 

今回はここまで。

 

次回はフラッグスタッフ到着編です。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

ブログランキングに参加しています♪

 

応援よろしくお願いします

↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

ありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です