~個人手配で旅する~

旅は計画からがお楽しみ!手さぐり旅行のしおりです。

マリオットの最低価格保証(ベスト レート 保証)成功 失敗談!!

2017.11.11追記

f:id:umoi1019:20170604011224j:plain

ラスベガスにもあるマリオットホテルの最低価格保証のお話です。
公式サイトで予約した金額より安く提示してるサイトがあれば、その安い金額から25%オフで予約が可能になります。

私はマリオットゴールドメンバーなので、この25%オフで泊まれて様々なゴールド特典を利用できることでよりこの制度のメリットを享受できました。

 

 

前回の記事

 

最低価格保証(ベスト レート 保証)とは

簡単に言っちゃえば、公式サイトで予約してくれたら他のサイトのお値段より安くしますよ!
だって他のサイトから予約だと手数料引かれてホテルの儲けが減っちゃうからね!
っていう訳です。

他のホテルでも似たような制度が大体あります。
マリオットホテルの場合は、以下の条件をクリアした場合に提示したサイトより25%オフした価格になります。


絶対に外せないポイント!!

会員登録は大前提です。(会員登録無料)
 

1.マリオットの予約ルートで予約

Marriott.co.jp、マリオット・ホテル予約電話番号、またはホテルに直接連絡を通して予約したものに限る

2.全て同条件

(キャンセルポリシー・日時・部屋の種類・プラン・チェックアウトの時間)
2017.11.10追記部分↓

ここは実際グレーです。全てが同条件じゃないと否決されることは多いですが、ダメもとでトライすると承認されることもあります。

3.予約から24時間以内にリクエストフォームから申請

https://www.marriott.co.jp/Channels/globalSites/look/Japan/claimForm.mi

4.誰でも確認できるインターネット価格であること(会員価格はNG)

一休.comでよくあるログイン後に安くなっている価格は対象外

5.確認時点で販売している価格であること

安い価格のプランって売れきれちゃうことありますよね。依頼時点でそのプランが販売していてもマリオット確認時点で売り切れて販売していなければアウトです。

その逆も然りで、下に紹介しています台湾のマリオットホテルでベストレート保証が出来そうなプランを探していたら1日目は見つからなかったけど2日目に探すと良いプランが比較サイトで出てきたりしました。

 

通りやすいポイント&注意点!!

1.英語でも表示されるサイトだと承認されやすい(ような気がする)

何故かというと検証するのが英語圏の方だから。

2.表示は税・サービス料別で表示されている方が良い。

料金の比較は税金、チップ、客室料金に関連するその他の金額を一切含まない、正味金額について行われるので比較しやすい。

3.キャンセル可能なプランで申し込むこと。

自分では絶対いける!と思っても通らないこと多々ありました。
キャンセル不可だともうその金額で泊まるしかありません。
ここは手堅くいきましょう。
しかしキャンセル可能なプランは他のサイトもお高め。。。

 

4.キャンセル不可だけど1日だけ猶予してくれるプランもある。

あまりおすすめしませんが攻めの姿勢を崩さないのであれば、事前購入でキャンセル不可でありながら予約から24時間だけ猶予してくれるプランがあります。

お試しでこの記事を書いている日付2017/06/04に料金詳細欄を見ると
文言はこんな感じで出ます↓↓

お部屋のご予約には、クレジットカードによる宿泊料金のお支払いが必要です。
このスペシャルレートで確実にご予約いただくため、ご予約の際に●●円の前払金をお客様のクレジットカードに請求いたします。

予約のキャンセル
お客様のご予約は、2017/06/04までキャンセル料なしでキャンセルできます。
このスペシャルレートでの前払金は払戻しができませんのでご注意ください。


こちらであればキャンセル料はかからないこの日付中または予約から24時間以内にキャンセルすれば前払い金は戻ってきます。

とはいえ本当にキャンセル料がかからないかは電話で確認しましょう。
キャンセル不可プランと比較することが出来てお安くなる可能性はありますが、確実に承認されるかも分からないのでハイリスク・ハイリターンです。

また私はこれを試して否認されキャンセルしたものの、ホテル側との連携がうまくいかず1回普通に引き落とされたままになっていたこともありました。
もしもこちらを試されて否認&キャンセルされた場合はクレジットカードにきちんと取り消しされているかを確認してください。

マリオットは決して安いホテルではないので予約の種類を間違えてしまうとお高い勉強代になってしまいます。十分確認の上行ってください。 

5.おすすめ比較サイト
①国内ホテル比較

有名どころだとトリバゴ等がありますが、日本国内ホテルの比較であればこれが一番安いのが出やすかったです。

HISがホテルの比較までやってるなんてこの時初めて知りました。

 

②国内・海外ホテル比較

なにかと便利なトラベルコちゃん

マリオットベストレート比較以外でもお世話になってます。

こちらの記事にある東京マリオットホテルを泊まるにあたり、色んなサイトでこの最低価格保証を検証してみました。

その結果としては
Orbitz Travel 100%承認(ただものすごく安いのはあまりない)
一休、楽天は五分五分。(担当者に左右されるが当たった時が大きい)
OZMALL・るるぶはほぼダメ

すごく良い担当者だとこちらが提示した金額よりも、そのサイトでもっと安い金額見つけたからこっちの方に適用してもっと安くするねと気が利いたことをしてくれる人もいました。こればっかりは運です。

承認・否認のメール文

承認されるかどうかは「The Marriott Look No Further Team」の方に委ねられており判断も人によってまちまちです。

承認・否認の結果は英語のメールで来ます。

 

メールの文頭で承認・否認は大体分かります

I have approved the claim you submitted for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!」承認です。おめでとうございます。

「I am denying your claim because~」否認です。再度トライしましょう。

失敗例!!

ダメだった例のご参考として紹介すると、このプランが当初見つけた最安値でした。
一番安い日程だとと二人合わせてサービス料・税込みで2万円。

「お泊り女子会」というフレーズは気になりますが男はダメとは記載ありませんので誰でも宿泊できるものとして認識しました。
私の計算だとこれが承認されれば二人合わせて1万5千円で泊まれる算段です。


こちらは100%だめでした。
どんなにこっちで同条件やん!!!と思っても「The Marriott Look No Further Team」様がダメと言ったらダメでした。

確か3回はトライした気がします。
1回目比較できないから出来ません。否決
2回目少し翻訳をしてくれたようで女子会プランというところに引っかかり
水曜のレディースデーっていうしばりがあるからダメという違う解釈。否決
3回目比較できないから出来ません。否決

この比較サイトの否決原因の大きな理由は
完全に日本語のみ・金額がサービス料・税金も込みで比較しずらいこと
です。

英語が堪能な方なら交渉も出来たかもしれませんが、色々説明できるほどではないので諦めて次のやり方に切り替えました。

ちなみに日本語フォームなんだから日本語で返してみては?と思うかもしれませんが日本語で納得いかない旨メールした際はスルー。。。

とにかく上記の絶対に外せないポイントを抑えつつ「The Marriott Look No Further Team」が分かりやすいサイトを提示すれば承認の道が開けます。
 

成功例!!

まずは成功したビフォーアフターをどうぞ。
上記のポイントがわかったのでこちらは1回で承認されました。
今度行く台湾にあるマリオット系列のホテルを予約した際のもの。

f:id:umoi1019:20170604030002j:plain

ざっくり為替計算して日本円で7,500円弱お安くなりました。

申請プロセスへ!

1.会員登録する
2.予約する

今回は直接HPから予約します。

3.希望のプランをチェックし、次の4と比較しつつ予約。

通常料金と客室パッケージタイプがあります。

f:id:umoi1019:20170604110731j:plain
 

4.希望のプランで同じ条件の比較サイトを探す。

今回は台湾のホテルですがトリバゴで比較しました。
https://www.trivago.jp/

出てきたのはこちら。Ctripは中国系に強いサイトのようです。
Ctrip - 中国旅行、格安フライト、ホテル、バケーションパッケージ、航空券、航空料金

最低価格保証の<対象外の料金タイプ>項目にこちらが追加されていました。

Ctripでの前払い、事前購入、または返金不可の料金

Ctripはとても良かったのですが残念です。。。

5.いざチャレンジ!!

こちらから申請します。
https://www.marriott.co.jp/Channels/globalSites/look/Japan/claimForm.mi

f:id:umoi1019:20170604115450j:plain


1.予約した金額(税金やサービス料が含まれる前の金額)
 予約した通貨

2.他のサイトでみつけた金額
3.その通貨
今回の比較サイトではYEN表示がある場合とTWD(台湾ドル)でしか表示されない場合がありました。
日本語のこの申請フォームだとTWDの選択肢がなかったので英語の申請フォームに切り替えたらTWDも出てきました。
言語の変え方。言語変えるとログアウトされます。

f:id:umoi1019:20170604120440j:plain


4.より安いサイトのWEBアドレスをコピー&ペースト
ここで大事なのは、そのコピペしたサイトがきちんと再現されるかです。
申請する前に他のタブで再現されることを確認してから行いましょう。

5.補足情報を入れる
ここは入れなくても大丈夫です。
私は4でプラン一覧のページを入力し、5でそのプランの詳細が出るサイトを入力してます。
<例>
4に入れるのはプラン一覧が見れるアドレス

f:id:umoi1019:20170604121701j:plain


5でプラン詳細が見れるアドレス

f:id:umoi1019:20170604121835j:plain

 

6.全部入力したら送信!!

7.マリオットより受付のオート返信が来ます。

f:id:umoi1019:20170604124057j:plain


8.24時間以内承認・否認の返信が来ます 。

そわそわしながら待ちます。
こういうのがくるまでぐっと待ちましょう
↓ 

「I have approved the claim you submitted for Marriott's Look No Further(SM) Best Rate Guarantee!」
承認です。おめでとうございます。

「I am denying your claim because~」
否認です。
再度トライしましょう。

 

交渉する場合はGoogle 翻訳が活躍! 

最近のGoogle翻訳ってものすごく精度があがってるんですね。

数年前に使った際はあんまり正確さがなかったので遠のいていましたが、最近よく使うようになり海外のマリオットホテルとやり取りをする時に大変役立っています。

良かったら利用してみてください。

 

 

ではみなさんに承認が来ますように!!!

読んでいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
↓ ↓

ありがとうございます♪

 

こちらの記事もどうぞ